宇部護国神社 新春お年玉クイズ

平成27年は宇部護国神社の前進である維新招魂社が創始され150年を迎えます。

宇部護国神社の毎年恒例の維新志士・有名人肖像当てクイズは、それにちなんで福原越後公にまつわる問題になってましたのでメモを。

A:禁門 B:毛利 C:六 D:福原 E:長州
F:俗論 G:維新 H:功山寺 I:吉田 J:二次
K:家老 L:ふくはらえちご M:益田 N:奇兵
O:国司 P:尊 Q:龍護 R:招魂 S:一次
T:靖国 U:元

下記かっこに当てはまるものを上記より選びアルファベットを記入してください。

 福原越後公は、()公と呼びます。
文化十二年(1815)徳山藩主()広鎮の命により永代()福原家を相続し長門国厚狭郷宇部村、一万千三百十四余石の領主()越後元僴となった。
越後公は藩主の股肱の臣の一人として藩主の身代わりとも女房役ともなって藩政府内の頂上に居ながら藩主に忠義をつくし、藩運を賭ける激しい政治的駆け引きの場でも、世の注目を集める華やかな舞台でも常につつましく脇役に身を置いていた。
 元治()年(1864)『()の変』で長州藩の敗北により、幕府が第()次長州征伐を発動した祭、福原越後、()右衛門介、()信濃の三家老は、藩主の命を受け出兵したにも拘わらず、幕府恭順の保守派(()党)によって責任を負わされ、第一次()征伐回避、藩存続の為に、切腹させられ無念の死を遂げた。
しかし、この屈辱に激怒した()王倒幕派、高杉晋作が一ヶ月後、()寺で挙兵し、やがて民衆を集めて組織した()隊や諸隊も参戦し、藩政が倒幕へと動き始め、そして二年後の第()長州征伐に勝利し、明治維新の基が開かれたのである。
この三家老の切腹が、回天維新の大きな要因となったのは確かである。

 深原越後公、元治元年十一月十二日岩国()寺で切腹。
 享年五十歳。

 切腹時の辞世の句
 くるしさは絶ゆるわが身の夕煙 空に立つ名は捨てがてにする

 誇り高き血筋に生まれ永代家老としての越後公には、朝敵、不忠不義という汚名を着せられ切腹する事は無念この上ない事ではあったが、忠義に殉じたことは、せめてもの救いであっただろう。
 寡黙で温厚実直、決断鋭く采配は見事、君主に忠実な名家老として幕末の長州藩政を見事に運営し、領地に於いては、村づくり人づくりに着手し、文武修練道場()館を建設し文武両道の教育に力を注ぎ宇部村発展の為に尽力し、名臣として高く評価され人々に慕われた領主であった。
 また付記すれば、佐甲但馬が藩政府に、楠公祭には殉難者の英霊を従祀することを上申し、此を受け藩政府は、慶応元年(1865)五月十四日許可を下し、その二日後の十六日に萩の椿神社神官青山上総(初代靖国神社宮司)が、越後公の御霊魂を琴崎神社(琴崎八幡宮)に仮合祀し招魂祭を行った。
 以後、下関桜山招魂社での招魂祭、東京招魂社での招魂祭へと戦死者の招魂祭が斎行されていった。
 その経緯を鑑みれば越後公の()祭は、現在の東京()神社の源流であると言えると、『靖国神社の源流』に記されている。

コメントを残す