ヤンバルクイナに会いたくて

沖縄に来て、見たかった生き物。
そう、それです!
ヤンバルクイナです。

先ずは、飼育されているヤンバルクイナが見られるという、国頭郡にある「ヤンバルクイナ生態展示学習施設」に。

ここで、飼育展示されているヤンバルクイナは、「キョンキョン」という名前の6歳の雌。
地域の草刈りの時に、卵が発見されて、保護人口羽化にて生まれたヤンバルクイナだそうで。

ケージの中は、自然環境に似せたレイアウトになっているそうです。

臆病な鳥なのだが、人になれているのか、マイペースな感じで、すごく愛らしい。

水辺では、水浴びも見せてくれます。

ヤンバルクイナは漢字表記では「山原水鶏」と書くそうで、生活圏内には水辺が必要なんだとか。
運良く、水浴びのシーンも撮れました。

水浴びの後には、翼を広げて「鳥なんだぞ」アピールも。

さて、一通りの生態の説明は受けた。
では、満を持して、野生のヤンバルクイナを見よう!

沖縄北部、国頭郡を通る県道2号線と70号線沿線では、野生のヤンバルクイナが出没するエリア。
出没というか、元々の彼らの生活圏内に、道路を作ってしまったというのが正しいのだが(発見されたのも遅かったけれど)

ヤンバルクイナは臆病で足が速い。
時速40Kmとかで走っちゃう。
なので、車の走行音がすると、こちらが確認するより先に、ダッシュで茂みに逃げ込んでしまう。
ただ、そうは言っても、交通事故でのロードキルが起こるらしく、この道路には、注意喚起の看板が沢山掲げてある。

で、

でだ

Σ(゚Д゚ υ) イタ!!

歩いてる!!

普通に道路横断してる!!!

「うおおおおおおおおおおお!」と心の中で叫んで(口に出すと逃げちゃうから)なんとか撮影成功!
早朝4時から探索した甲斐があったよ〜
探索と言っても、自動車で超徐行運転をしながら、うろうろしただけですが(歩行だとハブが怖いし)

合計で10羽確認できました。
現在、約1400羽くらいが、ヤンバルの森に棲息してるらしいので、その1%未満ではあるが・・・。

ヤンバルにはヤンバルクイナがいた!!

コメントを残す