もしも~わたし~が~

もしもの話

もし、しるば@管理人が明日突然この世から姿を消してしまったなら
一体どういう変化が起こるのだろうか

地球や世界情勢には何の変化もないことは明らか
世界の人口66億人のうちの1人がいなくなっても、別段どうってことはないな。
日本の人口は約1億2700万人
これを見ても別にどうっちゃない。
そもそも、影響を与えるような人物なのかということもあるが(アリエナイ)

では身近なとこで(^_^;

うちの会社の場合

「いなくなったら大変じゃないですか!」
ならいいのだが、冷静に分析すると、別にいなくてもどうにでもなるだろうと思われる。
担ぎ上げられているだけで、対外的には顔かもしれないけれど、実情は飾り。
借入保証人のためだけにやらされているような感じだし。
右と思っていても、上から左と言われるとそれに従わざるをえない環境。
債権者から返済請求が一気にくるだろうけど、会社で掛けている保険金が入れば
精算してチャラくらいにはなんだろ。
後は残った者で引き継いでやるか(引き継ぐもなにも、みんな先代の息がかかってるから元に戻るだけだしな)それぞれ独立でもするかして行くでしょう。
ただ、自分が開拓してかわいがってくれてるお客には迷惑かかるかもしれないなぁ。
自分が出来る人間っていうわけじゃないけど、計画段階から話を進めていける人間がうちにはほとんどいないからなぁ。
だけど、うちの会社だけってわけでもないし、相手は大きな会社だし、それはそれでこれまたどうにでもなるな。

んじゃもっとミクロなうちの家庭の場合

泣かれるんだろうなぁ・・・。
いなくなった側としては痛くも痒くもないけれど、実際そういう状況を想像すると心が痛むね。
うちは下流な階級なので、とりあえず稼ぎ頭の自分がいなくなっちゃうと生活に困るね。
保険金が満額おりたなら、当面生活するには困らないだろうけど、やっぱ生きる気力を失ったり、引きずったりするんだろうな。
時間は長いけれど帰ってくるというなら我慢してくれたりもするんだろうけど、存在そのものが消えてしまったら・・・ツライかな。
逆の立場でもかなりツライと思う。
自分だったら自暴自棄になっちゃったりして暴れ出すとかしそうだけど、まだまだ子供が成人するまで・・と、耐えていかないといけないんだろうねぇ。

と、現実逃避しようと思ったらネガティブキャンペーンになってしまいましたが
しばらく雨模様だし、憂鬱な気分になるのは仕方がないね

やめちゃえばいいだろ

“40秒不起立で解雇”
「君が代」裁判 元教員ら控訴 2007年7月3日「しんぶん赤旗」

 「君が代」斉唱時に起立しなかったために事実上解雇されたのは不当として、東京都を相手に地位確認と損害賠償を求めて裁判で争っている都立高校元教員十人が、請求を棄却した東京地裁の判決を不服として二日、東京高裁に控訴しました。

 元教員らは控訴後、東京高裁前で宣伝行動を行い、「たった四十秒間起立しなかったことだけを理由に解雇されました」「学校はいろんな考えが認められ、自由に話し合えるところでなければなりません。強制はなじみません」と訴えました。

 十人は卒業式の「君が代」斉唱時に職務命令に反して起立しなかったことを理由に定年後の再雇用を取り消され、事実上解雇されました。職務命令やそのもとになった都教育委員会の通達は憲法・教育基本法に反するとして東京地裁に提訴しましたが、同地裁は六月二十日の判決で原告らの主張を退けました。

 原告団と弁護団は控訴にあたって「思想良心の自由を守るとともに『子どもが自由かつ独立の人格として成長することを妨げるような国家的介入』を禁ずる判決を獲得するため全力をあげる」との声明を発表しました。

たった40秒が起立できない教師が子供の指導をするな!
卒業式で自分の思想や主義を表に出すこと自体大人げないぞ
「定年後の再雇用を取り消され、事実上解雇されました。」
モノは言いようで、定年後の再雇用取り消しは解雇でも何でもないよな
教育の場に自分の思想や主義を持ち込み場を乱す奴らをわざわざ再雇用する義務もないだろう
子どもが自由かつ独立の人格として成長することを妨げるような思想的介入ばかりしているくせに
どの口でそんなこと言えるのかね?