((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

どうも対応がオカシイ

西中国信用金庫が貸し剥がし態勢に入ったようですよっ!

巷と他行からの噂話であるが

これって誹謗中傷になんのかな?

だけど、決済日以前に引き落としたりとかって例もあるからなぁ
どんな金融機関や!
そのせいで手形が不渡りとかになったらどうやって責任取るつもりだ?

一つ目アウト

日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)行った。
何度目だろうか。

2月くらいに、景気の悪化と先行きが見えない状況だったので、借り換えの申し込みをした。

それ、蹴られました。

今、逼迫してる状況なので、何度もお願いに行くけど、ほぼ門前払い。

現在の借入返済のリスケジュールには応じます。
もしもの際には連帯保証人に請求します。

だそうです。

好きで経営難にしてんじゃないんだよ。
不景気のせいにしてるつもりでもないし。

弱者は淘汰されろってさ。

信用してもらえてなかった

先代からもう30年もお世話してもらっている金融機関。
保証協会には掛け合ってくれたのだが、保証協会が首を縦に振らなかったと。
提示してきた回答は条件変更のみ。

借入返済の元金部分はスキップさせて、利払いのみにしましょうと言うこと。

ある程度の資金があるうちに実行するのなら効果はあるけれど、今の段階で条件変更して支払を止めようが、目の前に資金がないので、全く効果がない。
というか、無駄。

状況を何度も説明はしたけれど、協会の保証無しでは融資はダメだと。
とどめが支店長の一言。

「保証協会が保証しないのに、どうして当行が融資しなければならないのか?」

ちょっとキレた。

逆恨みして、放火したりとか、刺したりとかする人の気持ちがわかった気がする。

他の銀行は、協会保証が無理でもプロパーで何とか出来ないかとか、よくあるビジネスローンなどではまる物がないかとか検討してくれているのに。

このメインの銀行は何十年の間、一度もプロパーで融資をしてくれたことが一度もない。
すべての融資が協会保証付き。
基本的に無担保融資なのでそれは当然と言えば当然なのだが、つまるところ全く信用されていなかったと言うことになるんじゃないかと思う。
協会保証があれば、銀行は融資した元金の取りっぱぐれはない。
融資先が破産、倒産しても、信用保証協会が元金を補填してくれるからだ。
ただ、それから先の利息による利益は喪失するけれど、損失を出すことは回避できるわけだ。

信用金庫じゃなくて、信用しない金庫なのね。

保証協会ダメなようだから、他の手立てを検討しましょうの言葉もなく、すでに条件変更申込用紙が準備されてたことがすべてを物語っているのかなと。

Road to bankruptcy

終わりの始まりは、もうとっくに。

過ぎてゆく時間。
なんかもう、慌てふためいてもしょうがないって心境になりつつ。

不動産担保でも融資枠の拡大は厳しいというメイン銀行からの答え。
信用保証協会が保証を付けない以上、融資する必要がないとメイン銀行の支店長。
市の小口融資を申し込むと言ったのだが、「それだけじゃ付け焼き刃にしかならないから、長期大口で借り換えの方向で何とかします」って引っぱられてこの有様だよ。

なんのためのメイン銀行やねん。
協会の保証が付いてれば、貸付先に何かあっても、銀行だけは取りっぱぐれはないよな。
債権回収には保証がついて、利息だけはしっかり取って儲ける。
文句言っても仕方ないがね。

追加融資が不可能な以上は、借入金返済の条件変更をして対応しますって。

条件変更しようが、損益分岐以下でしか売上が無い今、どうしようってんだ。
あと半年、いや、3ヶ月くらいなんだ。
今進めている新規事業が動き出すんだ。
だけど、絵に描いた餅程度でしかわかってもらえなかったのだろう。

世の不景気を理由にするつもりはないよ。
つまるところ、努力不足だってとこに落ち着くんだろうし。
まがいなりにも、なんとかかんとかやっては来たけど、そろそろ限界みたい。

どこに行っても、答えは同じ。
「支払を止めて、再建計画を立てる」

ちょっと遅かったようだ。