他にやることあんだろ!

文科省:高専も無償化…外国人学校なども 概算要求へ

2009年10月14日 15時0分 更新:10月14日 15時17分

民主党が政権公約に掲げた高校授業料の実質無償化について、文部科学省は、高等専門学校や専修学校の高等課程、外国人が通う各種学校なども対象とし、必要額を来年度予算の概算要求に盛り込む方針を固めた。高専は5年制だが、第1~3学年を対象とする。

鈴木寛副文科相が毎日新聞の取材に「なるべく多くの人の学ぶ機会を応援したい」と述べ、こうした方針を明らかにした。

政府は来年4月から公立高校生の授業料を無料とし、私立高校生の世帯に年12万円(低所得世帯は最大24万円)を助成する方針。鈴木副文科相は国公立の高専について、平均授業料が23万円を超えることから、私立高校生と同様に低所得世帯への増額措置を適用する方針も明らかにした。

美容師や調理師養成校などを含む専修学校のうち、高等課程(中卒者対象)の生徒は対象とする。また、外国籍でも、学校教育法に定める各種学校の生徒は加える方針で、朝鮮人学校やインターナショナルスクールなどが該当。ブラジル人学校などに多い無認可校は「制度の枠組みの中に入れ支援するのが望ましい。認可のハードルを下げるなどの見直しが必要」とし、対象としない考えを示した。

全国の高校は5183校(生徒334万7000人)で、専修学校高等課程は495校(3万8000人)、高等専門学校は64校(5万9000人)。民主党が当初の予算額として想定した4500億円より要求額は膨らむ見通し。

支給額を増やす低所得の目安は年収500万円が基準となる見通しだが、段階的な支給額の増加なども含め、財務省と調整する。

支給は、生徒や保護者に直接ではなく学校側に渡す「間接支給」方式とする。私立高校で支給額の増額を求める場合、保護者の収入証明書を添えて学校に申請し、授業料との差額を納付する仕組みになる。【加藤隆寛、本橋和夫】

【ことば】各種学校

学校教育法第1条に定める「学校」ではないが、学校教育に類する教育機関として同法で規定され、私立校は都道府県知事の認可を受ける。カリキュラムの自由度が高く、通学定期の購入も可能。服飾や看護系学校、簿記学校などが含まれ、外国籍の子どものための教育機関の多くが該当する。予備校や自動車学校にも認可校がある。

http://mainichi.jp/select/today/news/20091014k0000e020077000c.html

とりあえず

憲法89条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、
又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又は
その利用に供してはならない。

憲法違反でOK

法を犯す千葉法務大臣

【新閣僚に聞く】千葉景子法相 拉致実行犯の釈放嘆願署名「うかつだったのかな」 (2/2ページ) 2009.9.30 17:40 msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090930/stt0909301743009-n2.htm

不法滞在者の扱いは?

「日本に長年定着し、罪を犯したりすることなく一生懸命働き、家族も日本がふるさとのようになっている人に『帰りなさい』というのはねえ。日本社会もそういうみなさんの力で成り立っている。少子化などもあり、日本に寄与して地域の一員になっているみなさんに温かい目を向けていく方向にしていきたい」

バカタレ!
不法滞在な時点で罪を犯してるだろうが!
こんなバカ女が法務大臣かよ!

犯罪者が地方に寄与?
法を犯す者どもに温かい目を向ける?

自分の名前書いた死刑執行命令書に判子押しやがれ!

何のために法が存在するんだ?
日本はいつのまに法治国家であることを捨てたんだ?
やりたい放題売国亡国民主党政権って何なんだ?

愛じゃなくて哀な人

【鳩山幹事長会見詳報】「(永住外国人の地方参政権は)愛のテーマだ。付与されてしかるべき」

民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、党本部で記者会見し、永住外国人への地方参政権付与について、「愛のテーマだ。地方での参政権は付与されてしかるべきではないか」と述べた。会見の詳報は以下の通り。

【永住外国人への参政権付与】

--ニコニコ動画の鳩山氏の発言がネットで批判的に議論されている。「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」という発言の真意は。韓国では2月に海外にいる韓国人に対し、国政選挙を認める法律が成立したが、大統領の決裁待ちだ。日本にいる韓国人にこの参政権を認めると、二重に投票できることになる。それでも日本にいる永住外国人に参政権を与えるべきか

「私がニコニコ動画で発言したことが大変、話題になっている。国民に大いに議論してもらいたい。これは大きなテーマ、まさに愛のテーマだ。友愛と言っている原点がそこにあるからだ。地球は生きとし生けるすべての者のものだ。そのように思っている。日本列島も同じだ。すべての人間のみならず、動物や植物、そういった生物の所有物だと考えている。この中でそれぞれが自立しながら共生していく世の中を、どうやってつくっていくかということが、ある意味での日本、世界に生きる人々の最大のテーマになるのではないか。今日までに、世界は弱肉強食に行きすぎたと。その前は、日本は依存に行きすぎたと。依存でもない、弱肉強食でもない「自立と共生」をいかにうまくマッチさせるか、バランスをとるか、それが友愛の精神だと思っている。

そこに住んでいる人たちを排斥をするという発想ではなく、そこにいる人たちの権利もできるだけ認めて差し上げる。一緒に多くの税金を日本人と同じように払ってこられた方々の権利を認めて差し上げるべきではないか。そのことによって、お互いの違いを認めながら、それを乗り越えていけるのではないか。そのように私は強く感じている。

友愛精神の発露で、世の中、ヨーロッパは大きく変動してきている。日本は鎖国をしているわけではない。もっと多くの人に喜んでもらえる、そして、そのためには、私が言っているのは地方参政権ですから、地方での参政権は付与されてしかるべきではないかと思っている。国政における参政権を認めてしまうと、今、話があったような二重の選挙権みたいな話になろうかと思っているので当然、地域における選挙権の行使を、その地域で働いている方々には与えて。当然、それなりの資格も必要だと思っているが、条件のもとで認められてしかるべきではないか。世界では25の国がこのような権限を付与しているので、相互主義に基づくという発想も重要だ」

MSN産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090424/stt0904241727006-n1.htm

 早     /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   駄
 .く      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::’,  目 
 な.     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ 
 ん   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
 と   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  こ
 か  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   い
 し  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   つ
 な    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ  :
 い   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ ‘イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!  :
 と     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄”´ l!\   `” ̄”´  |::!:l::! j:ll:!
  :      !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
  :        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー– 、__      /’ !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー””´ト!::i{\       /  / !:/
         / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、’´    /  j/

だからって、主権委譲するようなマネはすんな!

お門違いだ

民主主義の果実を在日に 鳥取で地方参政権シンポ
日本海新聞 Net Nihonkai ローカルニュース 2008年11月30日

「第二回永住外国人地方参政権シンポジウムin鳥取」が二十九日、鳥取市尚徳町の県立図書館で開かれ、有識者たちが地方選挙での外国人の選挙権の獲得を目指して話し合い、認識を深めた。

永住外国人の地方参政権は、一九九八年に法案が国会に提案されたが成立せず現在に至っている。同シンポは教育や人権活動家らで実行委員会(八村輝夫委員長)を組織し昨年に続いて二度目。

今回は「民主主義よ、その果実を在日に!」をテーマに開き、永山正男・鳥取大学副学長をコーディネーターに田中宏・龍谷大学教授、薛幸夫・民団鳥取県本部団長、鄭早苗・大谷大学教授、岡崎勝彦・愛知学院大学教授、元公務員任用国籍条項訴訟原告の鄭香均さんの五人のパネリストが話し合った。

田中教授は「在日韓国・朝鮮人は、本国でも日本でも選挙権がなく一度も投票したことがない。この実態をどうするか。韓国ではすでに外国人参政権が認められ、十月二十日を『世界人の日』と定めて啓発している。日本も何かやってみては」と問題提起た。

薛団長は「在日はさまざまな生活権に対して意見が言えない。参政権は民主主義の根本であり、それが認められないのは最大の差別だ」と話した。

鄭教授は「若いころは日本人並みの人権があるとは考えなかったが、大学で学んで意見が変わった。人権を意識するためには学習しないと駄目だ。外国人の参政権に反対する日本人もいるが、在日の歴史を学んでほしい」と学習の大切さを強調した。

朝鮮人に日本での参政権がないのは当然なのです。
なぜなら、彼らは日本人ではないのですから。
それに、本国で参政権がないことについては、日本の問題ではなく、彼らの祖国の問題なのです。

韓国では外国人参政権が認められていると言いますが、参政権をもらえるのはごく少数の人々であり、そのハードルは高いはずです。(所得がいくら以上という制限があったはずです)

生活権に対して意見が言えないのも当然なんですよ。
彼らは日本人ではないのですから。
軒を貸して母屋を取られるなんて愚行を犯すわけはないじゃないですか(けど、最近は売国なのが増えてますが・・)

あと、在日の歴史を学ぶと、在日の存在が明らかに矛盾してるってことに気がつくわけですが。
どこで、どういう歴史を学んだのかが問われることになりますね。

外国人参政権や国籍法改正など、何故か表に出てこないけど、よく考える必要があります。
日本人の主権がある国が日本なのです。

国籍法改正案に反対します!

11月18日
日本国籍安売り法案-国籍法改正案が成立しようとしている!

国籍法改正案では
事実関係の真偽に関わらず、日本人男性が認知をするだけでどこの国のどんな人間であろうと誰でも日本国籍を得られるという法律になってしまうのです!

国籍は、それ取得すればその国の保護や参政権を得られるという非常に重要なものです。しかし、それを扱うこの改正案は穴だらけで、成立してしまうと悪用される可能性が極めて高い欠陥法案なのです。

具体的には

・認知にDNA鑑定などの科学的根拠を必要としない
 虚偽の申請を見抜く確実な方法がない
・母親と婚姻関係のない人物でも認知が可能
 一人の日本人男性が何度も何人も認知できる
・罰則が20万円以下の罰金、懲役1年以下と軽すぎる
 虚偽の申請に対する抑止力が弱い

もし、実際に成立してしまうと次のような危険を多分にはらんでいる。

・人身売買などの悪質な犯罪の助長
・不正に国籍を得た外国人の増加による治安の悪化
・スパイ防止法がない日本においては国防の危機
・偽装認知で国籍を取得した者やその家族の生活保護のために血税が使われる

など、考えるとキリがありません

誤解をしてもらうと困るのですが
決して、血縁関係にあり認知期間が過ぎてしまった場合や、日本人との正当な子供に関することなど、救われるべき子供の権利を否定しているわけではないのです。

ただ

重大な危険を含むこのずさんな法改正に対して、慎重に議論を進め整備されることを求めているだけなのです!

マスコミからの報道もほとんどなく、国民一人一人の代表であるはずの国会議員からも、このことについては、ほとんど知らされることがないのが今の現状です!

外国人参政権・人権擁護法案など、日本を混乱に陥れる可能性の大きい法案に限って、なぜ我々日本国民に対してのアナウンスが少ないのでしょうか!?

なにやら怪しい力が働いているとしか思えません!

国籍法改正案まとめwiki
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/