充電できたけど、Liイオンが壊れるようです。

今朝は久しぶりに我が家で朝寝。

日本戦が始まる時間に起き出して、厚切りベーコンエッグにトーストと大盛りミルクコーヒーの朝食。

愛猫あんちゃんをモフモフ、ワシャワシャしてから、買い物に出かける。

仕事で使う小物と、フリクション3色ボールペンと蛍光ペンを買い込んで、ゆめタウンをブラブラ。
ポイント5倍日だったけど(笑)特に買う物もなかったんで、適当に帰宅。

リビングでゴロゴロしてたら、そのまま昼寝に2時間ほど突入。
なんか、やっぱりお疲れモードなんやろなぁ・・・。

洗濯物と夕食のお弁当を車に積み込んで、再び芸州口の戦場へ出陣。

ここもあと2週間で任務終了。

いつも終わりが近づくと、辛い中でも我ながらよく頑張ったなぁ・・なんて、気分になるんだけど、今回だけは、そういう感慨深さは全くなし。

まじ、時間よ早く過ぎてっ!!!

キレないように押さえ込むストレスが半端ないわ。

ちょっとお疲れモード

神に祈れば救われるという、常に他力本願で自分で解決する術を教えようとしない、いい加減な宗教の教祖の誕生日のバカ騒ぎも沈静化してきた今日。

今年もあと少しで終わりです。

12月31日23時59分59秒から1秒経過すれば、新年あけましておめでとう!なんて脳天気なことを言いまくるわけであるが、現実は辛く厳しいことには変わりはないのである。

夢も希望もねぇな・・・こんなこと書いてると。

たまに記事書いたかと思えば、こんなネガティブなことをさぁ~

出張仕事も1ヶ月半が経過。

誰も好きこのんで、遠くにまで働きに出てるわけじゃない。
だけどこの時勢、仕事のある所にかじりついていないといけないんだよ。

愚痴を書き連ねたらキリがないんでやめとこうか。

しかし

本当に、この先どうなってゆくのか。

もう、ここにはいないんだよ・・・・

トキ 30日は11羽飛び立つ

国の特別天然記念物、トキの野生復帰を目指して新潟県佐渡市で行われている2回目の放鳥は、2日目の30日、あわせて11羽が飛び立ち、これで飛び立ったトキは、29日の2羽とあわせて13羽となりました。

今回の放鳥では、あわせて20羽を飼育していたケージから自然に放す予定でしたが、29日に飛び立ったのは雄の2羽だけでした。30日は午前5時40分にケージが開けられると、およそ30分後に、出口付近で餌を食べていた雌2羽と雄1羽のあわせて3羽が外に飛び立ちました。その後、午後5時前までにあわせて11羽が飛び立ったあと、ケージが閉じられました。残ったトキは7羽で、10月1日、またケージを開けて自然の中へ飛び立つよう促すということです。環境省の笹渕紘平自然保護官は「群れで出てくれることを期待していただけに、きょうのように3羽や4羽がいっしょに出て行ったことはうれしい。今後、さらに多くの群れになってほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/k10015810751000.html NHKニュース

トキには間違いはないかもしれないけど
このトキたちは「ニッポニア・ニッポン」ではなくて
産地偽装支那産の偽物であることを何故言わない!!
外来種を増やしてどうするんだ!!!

身も蓋もない

天才と称される発明王エジソンの言葉

「天才とは99%の努力と1%のひらめきだ」

世間では

天才と言われるエジソンでもたくさんの努力をしてきたんだ。
だから何事においても努力をすることを忘れてはいけない。
努力をすればいつか必ず報われるんだ。

という言い方をしています。

が、本当のところは

1%の天性があってこそ、はじめて努力の後に開花するわけであって、その1%もない人間は何をどうあがこうが無駄だってことを言いたかったです。

すべての野球少年がイチローになれないように。
すべてのサッカー少年がロナウジーニョになれないように。
すべてのサラリーマンが一流企業の社長になれないように。

つまり、早々に見切りをつけて、出来ることをしろよ!と、エジソンは言いたかったのである。

しかし、その1%を見つけるために日々努力することは大切ではあるとは思うがね。