そして亡国へ・・・

鳩山首相:天皇陛下と中国の習副主席の会見実現を指示

平野博文官房長官は11日午前の記者会見で、14日から予定されている中国の習近平国家副主席の来日に関連し、鳩山由紀夫首相が天皇陛下と習氏の会見を「日中関係は非常に重要だ」として、実現するよう官房長官に指示していたことを明らかにした。

会見は中国側が申し入れた。習氏は胡錦濤国家主席の最有力後継候補。副主席クラスは通常は天皇陛下との会見はないが、一方で胡氏が98年の副主席当時に来日した際には、天皇陛下と会見している。中国側は習氏を次期国家主席として位置づけ、かつての胡氏並みに待遇するよう求めているとみられる。

ただ天皇陛下への面会は1カ月前に申し込むという慣例があり、外務省幹部は「11月下旬に中国側から要請があったが、困難だと回答してきた」としている。平野氏は「慣例はあると思うが、1カ月近く前に話はあった。官邸としては政治的に重要なのでぜひお願いしたい」と述べた。

【中澤雄大】

毎日新聞 2009年12月11日 13時12分
http://mainichi.jp/select/seiji/administration/news/20091211k0000e010077000c.html

何を思ってこんなこと指示してんだ?バカ鳩ポッポ。

「日中関係は非常に重要だ」
確かにそれはそうだろう。
しかし、民主党が重要だとする関係は、国家の存亡に関わりそうな、通常では悪い方の重要な事柄になりそうで怖い。

実質権力者として君臨している小沢ご一行600人にしろ
この時期に一体何を考えているのかと!
こんな事こそ真っ先に事業仕分けして切り捨ててやれよ!

支那は中国共産党一党独裁国家なんだぞ?
そこの副幹部を陛下に会わせるとか、正気の沙汰とは思えない。
そんなもの友好でも何もない。
金印もらったと同じ事で、支那に従属する足がかりにしかならんのではないのか!!

いい加減、民主党の正体が現れて来てるのに、それに気がつかない愚民どもは責任取れよ!

いい加減にしろ

今現在の情報では、どうやら例のモノを明日飛ばすらしい。

別にね、本当に人工衛星ならそれでいいと思うんだよ。
それなら迎撃する必要もないわけだし。

日本は万が一の事を想定して、イージスとPAC3を展開してるだけなんだぞ?
日本の領海、領土に被害を及ぼす場合には・・ということで行動しているだけじゃんね。

「敵対勢力(日米韓の)がわれわれの平和的衛星迎撃の動きを見せば、直ちに正義の報復・打撃を加える」
「われわれは本気になっている」

なんでそんなに必死になってんだよ。

「あの柿の実欲しいから石投げて落とすんだけど、手元狂っておまえの頭に当たるとしても、絶対によけるなよ。よけたらおまえに石投げつけるからな」

そんな馬鹿な話しがあるもんかよ!

こんな発言するってことは、自分で人工衛星じゃなくてミサイルだ(もしくはミサイル実験)って言ってるようなもんじゃねーかよ。

本当に人工衛星なら、グダグダと恫喝含みの発言しないで打ち上げればいいよ。

いずれにしても

迎撃して報復すれば北朝鮮は終わり
日本に落ちて被害が出たら北朝鮮は終わり
落ちなきゃ国連安保理行き&経済制裁で北朝鮮は瀕死

てことだ。

だけど、本当に怖いのは
ミサイルなんかじゃなくて、日本の国内に潜む工作員だな・・・

お門違いだ

民主主義の果実を在日に 鳥取で地方参政権シンポ
日本海新聞 Net Nihonkai ローカルニュース 2008年11月30日

「第二回永住外国人地方参政権シンポジウムin鳥取」が二十九日、鳥取市尚徳町の県立図書館で開かれ、有識者たちが地方選挙での外国人の選挙権の獲得を目指して話し合い、認識を深めた。

永住外国人の地方参政権は、一九九八年に法案が国会に提案されたが成立せず現在に至っている。同シンポは教育や人権活動家らで実行委員会(八村輝夫委員長)を組織し昨年に続いて二度目。

今回は「民主主義よ、その果実を在日に!」をテーマに開き、永山正男・鳥取大学副学長をコーディネーターに田中宏・龍谷大学教授、薛幸夫・民団鳥取県本部団長、鄭早苗・大谷大学教授、岡崎勝彦・愛知学院大学教授、元公務員任用国籍条項訴訟原告の鄭香均さんの五人のパネリストが話し合った。

田中教授は「在日韓国・朝鮮人は、本国でも日本でも選挙権がなく一度も投票したことがない。この実態をどうするか。韓国ではすでに外国人参政権が認められ、十月二十日を『世界人の日』と定めて啓発している。日本も何かやってみては」と問題提起た。

薛団長は「在日はさまざまな生活権に対して意見が言えない。参政権は民主主義の根本であり、それが認められないのは最大の差別だ」と話した。

鄭教授は「若いころは日本人並みの人権があるとは考えなかったが、大学で学んで意見が変わった。人権を意識するためには学習しないと駄目だ。外国人の参政権に反対する日本人もいるが、在日の歴史を学んでほしい」と学習の大切さを強調した。

朝鮮人に日本での参政権がないのは当然なのです。
なぜなら、彼らは日本人ではないのですから。
それに、本国で参政権がないことについては、日本の問題ではなく、彼らの祖国の問題なのです。

韓国では外国人参政権が認められていると言いますが、参政権をもらえるのはごく少数の人々であり、そのハードルは高いはずです。(所得がいくら以上という制限があったはずです)

生活権に対して意見が言えないのも当然なんですよ。
彼らは日本人ではないのですから。
軒を貸して母屋を取られるなんて愚行を犯すわけはないじゃないですか(けど、最近は売国なのが増えてますが・・)

あと、在日の歴史を学ぶと、在日の存在が明らかに矛盾してるってことに気がつくわけですが。
どこで、どういう歴史を学んだのかが問われることになりますね。

外国人参政権や国籍法改正など、何故か表に出てこないけど、よく考える必要があります。
日本人の主権がある国が日本なのです。