久しぶりに誘導メール来た Eが一つ多いぞ

ここのブログ更新が滞ってます。
はい。

久しぶりに「出会い系誘導メール」みたいなものがスマフォに届いたので
周知を兼ねて文面晒してみます。

タイトル:無料で遊び放題

以下、メール本文
———————————————-
GREEEへようこそ
GREEEはゲームが無料で遊び放題のSNS!。
プロフィールにはGREEEでリンクした友達の顔写真や紹介文、
日記やフォトアルバム、レビューなども掲載できます。
新しいゲーム&新しい友達をGETしませんか?
見知らぬ人からのメールを受け取らないように設定したり、
GREEEでリンクした友達からのメールしか受け取らないように
設定することも可能です。

是非下記URLからご登録下さい
http://qwe.ro7ozezu6jk1367.info/gr2/

※GREEEへの登録は無料です。
あなたのご参加を心よりお待ちしています。
http://qwe.ro7ozezu6jk1367.info/gr2/

GREEE 2011
———————————————-

まぁ、騙される人いないと思いますけど。

捨てアドで登録メール送ってみたけど、戻ってこないの。
だから、今回は潜入なしです。

まだ続いてたとは思わなかった

ここで、出会い系誘導振り込め詐欺「マネージャーS」とか「某芸能人」のネタをエントリしてから、およそ1年半くらい経過するわけですが、まだまだ、これについてのコメントが後を絶ちません。

しばらく、このブログ放置(爆)してたのもあるのですが、寄せられたコメントが、なかなかの量になっていて、驚いてたりしています。

しかし、最初にコレを考えたヤツは、なかなか頭がいいよね。

・芸能人を匂わせる
・SNS内で広め、外部へ誘導する
・金額が比較的低額

誘いの文面は、ちょっと見直すとオカシイことには簡単に気づくだろうが、同情を引くように、割と上手く書かれてはいる。
これはね~・・・免疫ないと、簡単に騙されるわな~。

それにしても、お金つぎ込んじゃう人が予想以上に多かったことに、私はビックリしています。
寄せられているコメントのほとんどは「ネタエントリに対するネタコメントだろ」と思いたいくらい。
いや、冗談抜きでネタであってほしいのだが、消費者センターに行ったとか、どうしたら・・とかいうのを見ていると、これは本当にお金払っちゃったんだ・・と思わざるをえないです。

こんなことに、騙される方が悪いんだよ!
という意見も見受けられますが、本来は、他人を騙して利益を得ようとすること自体が、大きな間違いであり、許されることではないのですが、ここまで、騙されちゃう(騙されたとは思ってなかったから、支払しちゃったんでしょうけど)と、ちょっと安易に他人を信じすぎなのでは・・とも、思ってしまいます。

まず、疑ってかかる

これ、あまりやりたくはないんですけどね。

だけど、いろいろな情報が氾濫し、どれが本当で、何がウソなのかということは、常に考えていないといけないという、イヤな世の中になってしまっていることは、確実なのではないかなと。

いい加減、収束してもらいたいものです。

新手の詐欺誘導メールかな?

携帯電話の方に着信しました。

送信者:foot-ball-junky@docomo.ne.jp
タイトル:なし
本文:今モバゲーでメールいただいたゴルチです アド合ってますか?

メールアドレス収集のために、返信してくるのを待ってるのだと思う。

そろそろまとめよう(マネージャーS)

まだまだ拡散しています。

コメントを頂いた方々によると、マネージャーSは現在のところ
mixi→アメブロ→GREE→モバゲ?
という風に移動もしくは拡散している模様。

発信元が変わる度に、誘導サイトのURLも変わったりしているようですが、メールの内容は一切変わってないという。
なんか、発信元は日本人じゃないんじゃね?と思ってきてる今日この頃。

コメントでも何度も書いてますけど、向こうからのメールは一切無視しちゃっていいと思います。

誘導されたサイトを退会したいという気持ちもわかりますが、退会なんてまず不可能と思って下さい。

だって、相手は人間じゃなくて、自動送信する機械なんだもん!

これ以上被害が拡がらないことを祈るばかり。

まだまだ続く例の出会い系マネS

例の出会い系に関するエントリーの多数のコメントにより、いろいろ調べてみたよ!
手を変え品を変えやってきてるようだけど、騙して金を巻き上げてるってことには全く変わらないし、被害を増やすやけにはいかないじゃない!

では、いってみましょうか!

なお、これからの記事に関しては、管理人の主観(詐欺って来ている)によって書かれていますので、そこらへんはお含みおきをね(爆)

例のマネージャーが最近利用しているというスマイルというサイトです。

特定商取引に基づく表記部分の記述

サイト名:スマイル
URL:http://pc.smilexsmile.net/
運営会社:有限会社 レイズ
運営責任者:長谷川直樹
所在地:東京都新宿区西新宿8-8-18
メールアドレス:info@smilexsmile.net

お問い合わせ窓口
050-5532-3502 (平日 10:00~17:00)

会社として法務局に登記する場合には、同一管轄域において、重複する屋号を付けることができません。

「有限会社レイズ」という屋号はググってみたけど見あたらなかった。
ですが、同じ東京法務局新宿出張所の管轄内に「株式会社レイズ」という不動産屋は存在していました。

とりあえずここは有限と株式だからクリアか!?

と、思ってはみたんだけど、疑問が一つ。

現時点で存在する有限会社というのは、平成18年5月1日に施行された新会社法以前に法人として登記していないと存在出来ていないはずなのです。
新会社法によって、新たな有限会社というのは設立できなくなって、施行後に設立された会社は株式会社だけのはずなのです。
この「有限会社レイズ」というのが、新会社法以前から存在していたのならここもクリアなわけですが・・。

上記を確かめるには、東京法務局新宿出張所で法人の登記簿を閲覧してくるのが確実で近道なんだけど、管理人には地理的に無理なので・・・。

法人名はクリア(てかかなりグレーだけど)としても、さらに引っかかる点が。

前記の不動産屋の方の「レイズ」さん。
こちらは設立が平成16年10月14日で、宅地建物取引業者免許が東京都知事免許( 1 )、免許年月日が平成16年12月11日から平成21年12月10日、資本金5,000,000円なのです。
つまり平成16年10月に資本金5,000,000円で会社を設立して、同年12月に宅建免許を取得したということなのですね。

そこで問題。

新会社法が施行されたのが、平成18年。株式会社レイズさんが会社を設立したのが、平成16年。
新会社法施行前から、この屋号とこの地域で営業をされていたことになります。
旧会社法では、株式会社設立の最低資本金は10,000,000円だったはずです。
では、なぜ5,000,000万円で旧法の時代に株式会社として設立できたのか?
おそらく、以前は有限会社だったのではないかと推測されるわけです。(旧法での有限会社設立の最低資本金は3,000,000円)
株式会社を設立できない資本金で設立出来ているということは、つまりそういうことなのじゃないかと思うわけです。

ということで
あくまでも管理人の推測ではありますが、現株式会社レイズさん(不動産屋さんの方)が存在している以上、こっちの出会い系サイトの有限会社レイズはクリアどころか、限りなくグレーな存在(真っ黒かもね)になってしまうわけですね。

そんなグレーな存在である法人が経営(?)しているサイトがマトモなことしていると思えますか?

私は全く思いませんね。

ちなみに、住所を探ってみたら、西新宿にあるライオンズシティ西新宿という分譲賃貸マンションの住所だった。
間取りは1SLDKで家賃は22~25万くらい。

ついでに、特定商取引に関する記述でですが
一見、きちんと記述してあるように見えますけど、商品の返品についての記述がありませんね。

商品が返品できない物は(この場合ポイントになるわけですが)「商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じません。」というように、返品を受け付けないと明確に記述する必要があります。

これは明らかに向こうのミス!
というか、どうにか上手く騙して振り込ませようとしてるんでねぇ。
規約も見てみたけど、なんか無料ポイントとかってあるけど、よくよく読んでみると、前払いか後払いをする前提での無料ポイントの付与みたいなコト書いてあるし。
消費者に判りづらい、もしくは、誤解を与えやすい記述ってのはアウトなんじゃないっけ?

返品についての記述がないことから
「返品特約がない場合にはその旨を広告に明示することが求められていることから、仮に返品特約に関する事項についての記載が一切ない場合で、消費者が返品可能と信じていたような場合には、特定商取引法の趣旨を踏まえ、販売業者は、その消費者からの返品の要請に適切に応ずるべきものと考えられます。」-経済産業省より引用-

必要ないからポイントを返却します!って言うことも出来そうですね。

とまぁ、ざっと調べてみました。

ですが、こういうのって次から次へと新しい手口が出てきますので、くれぐれもアヤシイものに手を出さないってことだと思います