雨は夕方からっぽかったです

走り納めでもするつもりだったけど、昨夜の時点での天気は曇りのち雨。
だったもんで、油断してゆっくりと遅い時間に行動を開始したら晴れてやがった!

バイクあんまり動かしてないしで、朝食兼昼食の後、動き出すことにした。

SP-2に跨って動き出したら、どうも足回りがオカシイ・・・。
ええ・・空気圧が全然足らなかったです。

ゲージで見てみたら前後輪とも1.8くらいしか入ってないし(やっぱ放置してちゃいかんね)
ともかくバイク屋に駆け込んでエア注入。
こんなんあると、走る気が失せちゃうんだけど、次はいつ動かせるかわかんないので、いつもの場所までショートでGO!

東行庵入り口

皮ツナギとジャケット装備だったんで、あまり寒くはなかったのは幸い。

東行庵東行庵看板東行記念館

いつもの場所は当然のごとく東行庵なわけですな。
陰謀により移管されてた高杉晋作縁の品々もここの記念館に戻って来たよねぇ。
今度ゆっくり訪れることにしましょうか。

清風亭晋作もち

そんでもって、いつもの清風亭で晋作もちを買って世間話ししつつグダグダと。
俺の知り合いですとか言っても割引とかないから(爆)

そんなわけで、全く充実感のない休日は終わっていくのであった。

東行庵で再会しましょう

東行庵で初代庵主である梅処尼の没100年行事が執り行われたとローカルのニュースでやっていた。
それと同時に、高杉晋作の遺品が萩県立博物館から高杉家の委託により、再び彼の地に戻ってきたということだ。

高杉晋作の墓所である東行庵に併設されていた記念館は、その遺品の持ち出し移管により、一時期閉鎖をしていたのだが
これでまた晋作の魂とともに、その品々を見ることが出来るようになる。

晋作餅食べながら、またゆっくりと見て回ることにしよう。

以前、上手いことやって萩の学芸員のポストに就いた一坂太郎氏

ピンチじゃね!?

英雄ここに眠れり

タイトルは全く関係ありませぬ。

帰ったら帰ったであちこち走り回るわけですが
今日は下関から徳山までの大移動(そんな大げさなもんでないが)

しばらく地元にいなかったので、久々に吉田の東行庵前にある清風亭に寄り、晋作餅買いました。
紫蘇の葉巻いたやつと普通のと5つずつ。
晋作餅
高杉晋作の墓所でもあるし、バイクでちょい乗りツーリングの時によく立ち寄るので、いつの間にかすっかり常連客になってたりします。
晋作餅買ったついでに。お店の美人姉妹(多分)と世間話に花が咲く。
世間話と言っても、子供の話題ばっかだったりもするんですがね。
色気のある話は一切ありまへん(爆)

「バイクに乗って晋作餅をよく買いに来る人はSiLVAというキケンな人です」とか
ここに来て言わないように!